孤独の羊

便利になり続ける世の中、ひきこもり過ぎないように、外出を心掛けてます。

2019 初めてエジプトへ【7】ルクソール西岸は自転車で! 王家の谷など

さて王家の谷に向かいます。

自転車での最大の難関がここへ向かう上り坂です。
(この時はそう思っていました)

f:id:kodokunohitsuzi:20190525145916j:plain:w500

グーグルマップでの距離は約3km、高低差70m。


事前情報では自転車で15分程度との事。
若くない私でもなんとかなるだろうと思ってました。

しかし! 問題は登り坂だけではなく、山側から吹き降ろす強烈な向かい風でした。
この日のルクソールは風が強かった・・・

一度でも自転車を降りて休憩すると、気持ちが切れると思い必死にこぎ続けました。


・王家の谷

息を切らしながら駐車場入り口手前に自転車を止めます。

少し肌寒いルクソールですが汗だくです。

f:id:kodokunohitsuzi:20190525145920j:plain:w500

ビジターセンターに入ります。

f:id:kodokunohitsuzi:20190525145924j:plain:w500

王家の谷の全体像の模型。
疲れているせいか写真も適当になっています(笑)

f:id:kodokunohitsuzi:20190525145929j:plain:w500

入場料は200EGP(約1,273円)で三つの墓が見学可能。
※キャッシングレート利息込みのEGP 6.3672で計算

ミニトレインは4EGP(約25円)
疲れて歩く気になりませんでしたが、ここは少し距離がありましたので乗って正解。

f:id:kodokunohitsuzi:20190525150008j:plain:w500

入場チェックをして、どこに入ればよいかスタッフに聞いてからいきました。

f:id:kodokunohitsuzi:20190525150143j:plain:w500

私が入ったのは下記の三つです。
壁画などは室内にあるおかげか、どこもきれいに残ってました。

(KV2)ラムセス4世王墓

f:id:kodokunohitsuzi:20190525150012j:plain:w500

f:id:kodokunohitsuzi:20190525150016j:plain:w500

f:id:kodokunohitsuzi:20190525150021j:plain:w500

f:id:kodokunohitsuzi:20190525150026j:plain:w500

(KV11)ラムセス3世王墓

なぜかここは写真を撮ってませんでした。
原則撮影禁止です。

f:id:kodokunohitsuzi:20190525150147j:plain:w500

(KV14)タァウセルト女王/セトナクト王墓

ここはスタッフがついてきて小声で「フォト、フォト」と繰り返して言います。
子供が悪い事をする時のひそひそ話のような感じです。

その様子がおもしろ可笑しくて少しだけバクシーシを渡しました(笑)
「もっとくれ」と言いますが無視。

f:id:kodokunohitsuzi:20190525150151j:plain:w500

f:id:kodokunohitsuzi:20190525150155j:plain:w500

f:id:kodokunohitsuzi:20190525150249j:plain:w500

さて西岸の観光を終えて戻ります。
帰りは下り坂でらくちん。

しかし! 下り坂が終わり途中の水路沿いの道路で強烈な横風を受けます。
まさかの想定外でかなり体力を奪われてしまいます。

何とか無事戻ってきて自転車を返却します。
出発から返却まで約3時間半でした。


・フェリーで会った良いエジプト人

フェリー乗り場に来ると出発したばかりでしたが、すぐ入れ替わりでフェリーが入ってきます。

f:id:kodokunohitsuzi:20190525150408j:plain:w500

フェリーに乗り座っていると、隣に若い物売りが座ってきました。
押し売りかと思いきや、「どこからきた、仕事は何を?」等々、質問攻めです。
彼は学生で物売りはアルバイトのようです。

特に仕事について詳しく聞きいてきて、未来ある若者という感じでしたが、私の語学力では全く説明出来ませんでした(笑)

そんな話をしていると、向かい側に座っていたお父さんも話に加わってきました。
ここで、半信半疑で巾着袋に入れて持っていったボールペンや古い蛍光ペンが役に立ちます。

女の子は蛍光ペンでお絵かき、男の子は巾着袋を気に入ってくれました。
二人の子供はとても表情が良く、両親の人柄も推して知るべしです。

ここにも良いエジプト人がいました。

f:id:kodokunohitsuzi:20190525150414j:plain:w500


・今日の晩飯を求めて

フェリーを降りてルクソール神殿の周りを歩きながら駅方面に向かいます。

ルクソール神殿は外から眺めてるだけで入場しませんでした。

f:id:kodokunohitsuzi:20190525150421j:plain:w500

f:id:kodokunohitsuzi:20190525150503j:plain:w500

f:id:kodokunohitsuzi:20190525150507j:plain:w500

結構ウロウロ歩き回りましたが、テイクアウト出来そうな物が探せません。
自転車での疲れがあり、これでいいや、という思いで「スパゲッティ」にしました。20EGP(約127円)

f:id:kodokunohitsuzi:20190525150511j:plain:w500

・今日もビール!

昨日と同じ駅の近くでビールを購入してタクシーでホテルに戻ります。
・STELLA 500ml 18.5EGP(約118円)
・SAKARA 500ml 20.0EGP(約127円)

f:id:kodokunohitsuzi:20190525150515j:plain:w500

スパゲッティは普通で特に美味しいわけではないですが、昨日のルームサービスのピザとたいしてかわらない感じです。
でも値段は約7分の1ほど。 と、ついつい考えてしまう貧乏性です。

f:id:kodokunohitsuzi:20190525150519j:plain:w500

今日は汗をかいたので、ホテルに戻ってからまた洗濯をした。
明日のチェックアウトまで乾くのか不安になりながら就寝。

2019 初めてエジプトへ【6】ルクソール西岸は自転車で! ハトシェプスト女王葬祭殿など

時差の影響で夜明け前に目が覚めます。ネットをしたり洗濯したりしてから朝食へ。

さすがヒルトン。私がいつも泊まるビジネスホテルの朝食とはレベルが違います。
特に野菜が美味しかった。

ただエジプトの休日とあってか朝食会場はかなりの混雑。
席を確保するのが大変でした。

f:id:kodokunohitsuzi:20190504195351j:plain:w500

コーヒーはウェイターがサーブします。
これも混雑でなかなか回ってきませんでした。

f:id:kodokunohitsuzi:20190504195358j:plain:w500


ルクソール西岸へ!

観光シーズンのルクソール
午前中はかなり混んでいるとの情報があり、時間をずらしてのんびり行くことにしました。

ホテルのフリーシャトルバスを途中まで利用します。

f:id:kodokunohitsuzi:20190504195403j:plain:w500

11時の出発です。

f:id:kodokunohitsuzi:20190504195408j:plain:w500

フェリー乗り場の近くで降ろしてもらいます。

f:id:kodokunohitsuzi:20190504195415j:plain:w500

フェリーの運賃は5EGP(約32円)。少し前に1EGPから大幅値上げとの事。
※キャッシングレート利息込みのEGP 6.3672で計算

ここでタクシー営業がきて対岸までついてきました。
人のよさそうな感じで押しも弱く、あまり不快にならずに済みました。

f:id:kodokunohitsuzi:20190504195500j:plain:w500

ナイル川を渡ります。

f:id:kodokunohitsuzi:20190504195507j:plain:w500 f:id:kodokunohitsuzi:20190504195511j:plain:w500


・自転車をレンタル!

フェリーを降りてタクシー営業が諦めると今度はレンタル自転車の営業が名刺を渡してきました。

事前情報のあったレンタル自転車屋さんです。

営業さんは100EGPとのたまいますが、私は50。
営業さんは50は1時間か?、とふざけたことを言います。

カチン!ときて営業さんを無視して店主と交渉して60EGP(約382円)でレンタル!


f:id:kodokunohitsuzi:20190504195516j:plain:w500

跨がって空気圧をチェックしてから出発します。

サドルの位置が高いですので、後で直そうと思っていたら日本式と違いボルトで固定しているタイプ。素手での調整は無理でした。

見栄を張らずにすぐ直してもらえばよかったと反省します・・・

f:id:kodokunohitsuzi:20190504195600j:plain:w500

初めは緩やかな登りの直線道路です。

f:id:kodokunohitsuzi:20190504195605j:plain:w500

道路の右側

f:id:kodokunohitsuzi:20190504195520j:plain:w500


メムノンの巨像

ここは入場料はありませんでした。

f:id:kodokunohitsuzi:20190504195618j:plain:w500 f:id:kodokunohitsuzi:20190504195626j:plain:w500

メムノンの巨像から少し先の道路沿いに下記の絵がありました。
巨像の背後には以前、葬祭殿があったらしい。

これが残っていればすごかったでしょうね。

f:id:kodokunohitsuzi:20190504195631j:plain:w500

こんな景色を眺めながら自転車でゆっくり走ります。

f:id:kodokunohitsuzi:20190504195707j:plain:w500


・ハトシェプスト女王葬祭殿

駐車場入口手前に自転車を止めていきます。

f:id:kodokunohitsuzi:20190504195713j:plain:w500

入場料は100EGP(約637円)

ミニトレインもありましたが歩きます。

f:id:kodokunohitsuzi:20190504195724j:plain:w500

f:id:kodokunohitsuzi:20190504195733j:plain:w500

オシリス

f:id:kodokunohitsuzi:20190504195815j:plain:w500

f:id:kodokunohitsuzi:20190504195826j:plain:w500

振り返ってみます。

f:id:kodokunohitsuzi:20190504195820j:plain:w500

壁画

f:id:kodokunohitsuzi:20190504195835j:plain:w500 f:id:kodokunohitsuzi:20190504195913j:plain:w500 f:id:kodokunohitsuzi:20190504195923j:plain:w500

ハトホル柱

f:id:kodokunohitsuzi:20190504195918j:plain:w500

背後の岩山と青空の景色が異様で印象的でした。

でも写真がへたくそで上手く撮れていませんね・・・

f:id:kodokunohitsuzi:20190504195831j:plain:w500

次は王家の谷に向かいます。

2019 初めてエジプトへ【5】アブシンベルからエドフ ホルス神殿へ その後ルクソールへ移動

アブシンベルからアスワン空港へ移動してきました。

f:id:kodokunohitsuzi:20190418181052j:plain:w500

航空便の遅延や欠航もあるかと思っていましたが遅れなく順調です。

当初はアスワン駅15:00発の列車でルクソールへ移動しようと思ってましたが、時間もあるのでバスでエドフに寄り道します。

・アスワン空港のタクシーに相場の20倍を吹っ掛けられる!

空港内に「空港⇔駅」のタクシー価格の表示があり92EGPです。

f:id:kodokunohitsuzi:20190418181057j:plain:w500

バスステーションは駅より少し遠いのですが、

値段を聞くと2,000EGPだと・・・ 
おそらく2,000を値切って1,000ぐらいで乗った人でもいるのだろう。

聞き直すとすぐに200と。他のタクシーに聞いても200。
ん~~、負けたくない。

空港に入ってきたばかりのタクシーを捕まえて聞くと150。
この運転手は他のタクシーにものすごい剣幕で怒られた(笑)
これでぼったくりだとはっきりした。

再度入ってきたばかりのタクシーを捕まえようと出入り口付近に歩いて行こうとすると、複数のタクシーが100でいいと。

2,000と吹っ掛けてきたタクシーが乗せようとするが、「お前だけには絶対乗らん!」と日本語で言って違うタクシーに乗った。



・アスワンからミニバスでエドフへ

バスステーションにつくとタクシーは200と言う。100を渡して降りた。
結局、100+20(空港利用料)=120EGP(約764円)。
※キャッシングレート利息込みのEGP 6.3672で計算
空港発のタクシーは情報通りとっても面倒です!

エドフ行きのミニバスはトヨタの古いハイエース
一番乗りだったが、10分弱で満席となり出発。

一緒に乗った恰幅の良いおじさんが満面の笑みで握手を求めてきた。
この時は信用できず少し構えていた。

f:id:kodokunohitsuzi:20190418181232j:plain:w500

f:id:kodokunohitsuzi:20190418181237j:plain:w500

街中を抜けた後は、砂漠地帯を爆走!
古くとも馬力あるハイエース。感覚的には時速120~150kmくらいで走り続けた。

正直かなり怖かった。

道路の中央線を走り、対向車がくると交わしてまた真ん中を爆走。
トラック等は違うが急いでいる車は対向車も同様だ。
つまり正面から来る。

古い舗装が大きく波打って歪んでいる区間もあったので、その為に道路中央を走行しているのかもしれない。

暑い時期はおすすめしない。古い舗装は更に歪むから危険だ。
またバーストしたと思われる大型タイヤも所々転がっていた。

f:id:kodokunohitsuzi:20190418181241j:plain:w500

値段も確認せずに乗っていたが、エドフの街に入る手前で集金。
隣の人を見て払おうとしたが、隣はポケットから小銭を集めだした(笑)

小銭を指差しハウマッチ。
隣の人はスマホを出して「20」と表示してくれた。安い!

私が20EGP札を取り出して準備すると、運転手は「うんうん」と頷いてくれひと安心。

f:id:kodokunohitsuzi:20190418181250j:plain:w500

ここでエジプト人にも良い人がいるんだと思った。

エドフの街に入ると大半の人がそれぞれの場所で降りていく。
恰幅の良いおじさんも途中で降りて満面の笑みで手を振ってくれた。

私も含め乗客残り3人になった所で、運転手がたぶんアラビア語で「お前はどこへ行く?」と聞いてきた。私は地球の歩き方のホルス神殿の写真を指差す。

運転手は「乗ったままで」みたいなジェスチャー
残った乗客達もフレンドリーになった。

f:id:kodokunohitsuzi:20190418181245j:plain:w500


エドフのバスステーションからホルス神殿

バスステーションにつくと運転手と残りの乗客も「乗って待ってて」みたいなジェスチャーをして降りて行って誰もいなくなった。

数分後に運転手が戻ると何も言わず出発。

途中、運転手は道を聞きながらホルス神殿の入口に到着。
守衛が来て到着を英語で教えてくれ、運転手にチップをと言います。

私は少し悩んで10EGPを渡した。
守衛は「もっと」と言いますが、運転手は「いらないよ」のジェスチャー・・・

良いエジプト人に会えて、ほっとした瞬間でした。

・ホルス神殿

アスワンのバスステーションからホルス神殿までは2時間で到着。予想より大分早かった。

入場料 140EGP(約891円)

f:id:kodokunohitsuzi:20190421131550j:plain:w500

人が少なくて天気も良く最高!

f:id:kodokunohitsuzi:20190421131554j:plain:w500

ホルス像

f:id:kodokunohitsuzi:20190421131559j:plain:w500f:id:kodokunohitsuzi:20190421131603j:plain:w500f:id:kodokunohitsuzi:20190421131607j:plain:w500f:id:kodokunohitsuzi:20190421131654j:plain:w500f:id:kodokunohitsuzi:20190421131700j:plain:w500

このホルス像が人気あり、みんな写真撮ってましたね。

f:id:kodokunohitsuzi:20190421131706j:plain:w500 f:id:kodokunohitsuzi:20190421131714j:plain:w500 f:id:kodokunohitsuzi:20190421131710j:plain:w500


エドフからルクソール

さてエドフの駅に行きます。

馬車しか見当たらなかったので、守衛にトゥクトゥクを呼んでもらい、 情報にあった「5EGP」と言って乗り込みます。

f:id:kodokunohitsuzi:20190421131833j:plain:w500

駅に着いて5EGPを渡すと、犬の遠吠えみたいに「ノ~~、ノ~~、ノ~~」
10EGP投げつけてやります。
今思うと日本円で1,000円ぐらい払った気でいましたが、約64円か・・・

ですが、ここでまた気持ちを消耗してしまいました・・・

f:id:kodokunohitsuzi:20190421131837j:plain:w500

駅員に聞いてルクソール行きの向かい側のホームに渡ります。

f:id:kodokunohitsuzi:20190421131842j:plain:w500

1時間ぐらい待った。切符は車内で購入して運賃は51EGP(約325円)
運よく座れたが、結構混んでた。

f:id:kodokunohitsuzi:20190421131846j:plain:w500

18時過ぎにルクソール駅に到着。

f:id:kodokunohitsuzi:20190421131851j:plain:w500

f:id:kodokunohitsuzi:20190421132000j:plain:w500


ルクソールで缶ビールを購入!

駅を出て左側の並びに小さなリカーショップがあった。
STELLA 500ml 18.5EGP(約118円)×2缶購入

f:id:kodokunohitsuzi:20190421132004j:plain:w500


・タクシーでホテルへ

駅前のタクシーにヒルトンまでの値段を聞くと50EGP。
事前情報と大差なかったので乗車。

f:id:kodokunohitsuzi:20190421134551j:plain:w500

無事チェックイン。
古いホテルでしたが、私には十分贅沢!

f:id:kodokunohitsuzi:20190421132100j:plain:w500 f:id:kodokunohitsuzi:20190421132009j:plain:w500 f:id:kodokunohitsuzi:20190421132017j:plain:w500 f:id:kodokunohitsuzi:20190421132013j:plain:w500

今晩の食事は、初めてルームサービスを利用した。
マルゲリータ 145.38EGP(約927円)サービス料・税込み
右側のラップをしているのはウェルカムフルーツ。

f:id:kodokunohitsuzi:20190421132105j:plain:w500

ビールを飲んで就寝。

2019 車検を節約してポイントも獲得!

f:id:kodokunohitsuzi:20190503124053p:plain:w400


楽天車検を利用


今回、楽天車検を利用してディーラー以外で車検を行ってみた!

楽天車検サイトから郵便番号で検索。好みの店舗に申し込むと電話があり、無料事前見積もりの訪問日時を決めて伺います。

f:id:kodokunohitsuzi:20190503152544j:plain

見積もり額に納得したら、車検日を決めて再訪。
その場で決めるのが難しい場合は、後日連絡する事にしましょう。

車検予約は楽天車検:車検費用検索・比較・口コミ・ランキング



ハピタス経由で楽天車検


楽天車検を利用する際は、「ハピタス」を経由するのを忘れずに!

f:id:kodokunohitsuzi:20190330163308j:plain:w600

ハピタスはポイントサイト(キャッシュバックサイト)。
シンプルでとても利用しやすいのでおすすめ!

色々なサービスがありますので最もポイントが貯まる必須サイトです。

その買うを、もっとハッピーに。|ハピタス

ディーラーとそれ以外の価格差


今回はガソリンスタンドのENEOSを選択!
無料でタイヤ交換と代車も準備してくれます。

  • ENEOS:¥77,430-(車検代¥17,000と法定費用など¥60,430)
  • ディーラー:約¥120,000-(見積り額)

私のような地方在住で数十年も車を乗り続けるとすれば、100万円以上の差額が出るかもしれません。

ディーラー以外では不安な人は


定期点検はディーラーで行いましょう。点検はリーズナブルです。

私も普段の点検はディーラーで行ってますが、車検だけ他で行うメリットがかなり大きい事にやっと気付きました(笑)

定期点検をディーラーで行っていれば、部品の交換時期や見積りもわかります。また、車検を他で行った場合も部品交換の提案をしてきますので、大きな価格差がある場合は安い方を選択できます。

最近は点検のみディーラーで行う人が多いようです。


獲得ポイントの内訳


獲得ポイントは合計5,100ポイント!(¥5,100 相当)

《ハピタスのポイント》

  • 1000ポイント 車検実施後の約30日~180日(私は2日後)

楽天ポイント 計4,100ポイント》

  • 500ポイント 基本ポイント(翌月26日頃)
  • 2,500ポイント ENEOS※キャンペーンポイント(翌々月末)
  • 300ポイント 「マイカー割」登録後に車検実施 (翌々月末)
  • 300ポイント プラチナ会員 (翌々月末)
  • 500ポイント 紹介特典ポイント(※翌月末)

※紹介特典は楽天車検の予約フォーム内にある「紹介コード」欄に紹介コード【U3RJFB1H】を入力します。
この紹介コードの有効期限は2019年10月13日迄です。期限切れの場合はネットで検索してみてください。

※( )内は車検完了月後のポイント付与日。

※キャンペーンポイントは変動します。

※基本ポイント以外は期間限定ポイントですので、使い道を考えておきましょう。
 私は近所のドラックストアか楽天ふるさと納税かな。

最後に


今回、初めて利用しましたが全く問題ありませんでした。

車検は店舗に直接申し込みもできますが、ハピタスと楽天車検を経由する事でポイントが獲得できます。

また車両の名義は関係ありませんので、家族や親戚などの車も何回でもOKです!

でも私、本当はカーシェアリングを利用したいのですが田舎に無いんです・・・

2019/Q2 IHGのスピードアップキャンペーン

IHG 2019年Q2の「スピードアップキャンペーン」の案内が来てました。
※対象期間は2019年5月1日~8月31日まで。

f:id:kodokunohitsuzi:20190504091127j:plain:w500

・今回の私のオファー

f:id:kodokunohitsuzi:20190504091131j:plain:w500

  1.  3ブランドホテルでの滞在で、14,400ポイント
  2.  土曜日の宿泊を含む週末2泊の滞在2回で、5,600ポイント
  3.  異なるIHGホテルでの滞在3回で、2,800ポイント
  4.  ポイント&キャッシュ利用の1回宿泊で、4,500ポイント

合計27,300ボーナスポイント。

今回はボーナスポイントが少ないですね、過去最低かな。
ポイント&キャッシュは1泊で獲得できますがお得感はありませんね。

・前回キャンペーンの内容

2019/Q1の「ビッグチャンス キャンペーン」
私はポイントの獲得は見事ゼロでした~

kodokunohitsuzi.hatenablog.jp

・ポイントサイトの還元率

IHGポイントとポイントサイトの両方ポイント得るために、ポイントサイトを経由してからIHG公式サイトで予約するのを忘れずにしましょう。
私はよく忘れてしまいます・・・

楽天Rebates」 4.5%
ハピタス」   4.8%

※5月5日現在の還元率。

・今後について

今のところ予定は全く無いですが、たまには出掛けようと思ってます。
IHGキャンペーンは無理ぜず行う事にしていますが、今回はちょっと考えようかな。

でもボーナスポイント少ないなぁ。

2019 初めてエジプトへ【4】カイロからアブシンベル神殿へ

カイロ空港 5時発の早朝便。起きれるか不安だったが現地午前2時頃にあっさり起床。
日本時間9時頃でした。

旅の計画をしていた時に時差を考慮して早朝便を予約していた事をすっかり忘れてます。

・カイロからエジプト航空アブシンベル

ホテルを3時頃チェックアウト。
小さなスーツケースをホテルに預けてリュックのみで身軽になります。

ホテルからは連結通路でカイロ空港ターミナル3の国内線へ。

f:id:kodokunohitsuzi:20190418175255j:plain:w500f:id:kodokunohitsuzi:20190418175259j:plain:w500

チェックインしてすぐに搭乗口方面に向かいますが、まだ3時18分。
早く来すぎました。

f:id:kodokunohitsuzi:20190418175304j:plain:w500

ラウンジで時間をつぶします。一番乗りです。

f:id:kodokunohitsuzi:20190418175308j:plain:w500

f:id:kodokunohitsuzi:20190418175425j:plainf:id:kodokunohitsuzi:20190418175430j:plain



搭乗です。ご年配の日本人ツアー客もいました。

f:id:kodokunohitsuzi:20190418175435j:plain:w500

機内食がでました。よくわかりませんがビジネス席扱い?になってた。

f:id:kodokunohitsuzi:20190418175440j:plain:w500

途中、アスワン空港を経由してアブシンベルへ。
左側の座席からはアブシンベル神殿が見えました。

f:id:kodokunohitsuzi:20190418175446j:plain:w500

アブシンベル空港に到着。

f:id:kodokunohitsuzi:20190418175930j:plain:w500

さてここからはエジプト航空の無料送迎バスでアブシンベル神殿へ。

空港出口から50mほど離れた駐車場に大小色々なバスが止まってたが、案内等無くどのバスかわかりません。

空港事務所にいる職員に聞くとアウトサイドと。
そりゃあそうだろうな・・・ と思いながら、結局、駐車場まで行ってバスの運転手に色々聞いて無事乗車。
ちょっと焦った。

f:id:kodokunohitsuzi:20190418175934j:plain:w500

バスは約10分で到着。帰りの出発時間を確認して向かいます。

f:id:kodokunohitsuzi:20190418175939j:plain:w500

アブシンベル神殿 入場料200EGP(約1,273円)。※キャッシングレート利息込みのEGP 6.3672で計算
なぜかガイド料と称してプラス15EGPもとられます。

バスに一緒に乗っていた複数グループは、誰もチケット購入せずに入場口に並んでいたので、たぶんツアー客ですね。 個人旅は私のみ!

入場します。エジプト最南端ですので暖かいかと思ったら意外と寒い。

f:id:kodokunohitsuzi:20190418175943j:plain:w500

写真ではわかりませんが、風がかなり強く砂が舞ってます。

f:id:kodokunohitsuzi:20190418175947j:plain:w500

見えてきました、アブシンベル大神殿。

f:id:kodokunohitsuzi:20190418180150j:plain:w500 f:id:kodokunohitsuzi:20190418180155j:plain:w500 f:id:kodokunohitsuzi:20190418180333j:plain:w500 f:id:kodokunohitsuzi:20190418180200j:plain:w500

内部に入ってみます。スマホでの写真撮影は問題ありませんでした。

f:id:kodokunohitsuzi:20190418180205j:plain:w500 f:id:kodokunohitsuzi:20190418180211j:plain:w500 [f:id:kodokunohitsuzi:20190418180328j:plain:w500

アブシンベル 小神殿。

f:id:kodokunohitsuzi:20190418180337j:plain:w500

ちょっと期待しすぎたか、いま一つ感動がありません。
外にいると寒くてゆっくりしていられず早々に戻ります。

出入り口付近のビジターセンター。

[f:id:kodokunohitsuzi:20190418181043j:plain:w500

アブシンベル大神殿の移設当時の様子。
こちらの方が興味深いと思ってしまう・・・

f:id:kodokunohitsuzi:20190418180341j:plain:w500 [f:id:kodokunohitsuzi:20190418180345j:plain:w500

少し時間を持て余しながら、駐車場に戻ります。

f:id:kodokunohitsuzi:20190418181047j:plain:w500

帰りのバスは時間通りに出発してアブシンベル空港に到着。

2019 初めてエジプトへ【3】ドバイからファーストクラスでカイロへ

ドバイでの乗り継ぎ時間は約9時間。

航空便を予約した時はドバイ観光でもしようと思っていましたが、調べていると興味が持てなかったのでラウンジで過ごします。


・ラウンジを移動して軽く食事と思っていたが・・・

ドバイ空港ターミナル3のコンコースAのラウンジでまったりした後、目的地カイロ行きの搭乗口を確認してからコンコースBのラウンジへ移動します。

途中、巨大なエレベーターに乗って行きます。

f:id:kodokunohitsuzi:20190412141642j:plain:w500

コンコースBのラウンジに到着。
ドバイ空港、初めてですが案内も適切で移動しやすい空港です。

f:id:kodokunohitsuzi:20190412141649j:plain:w500

ラウンジ内をウロウロした後、ダイニングエリアに入ります。
搭乗までまだまだ時間があるので軽く食事をするつもりでした。

f:id:kodokunohitsuzi:20190412141821j:plain:w500

目玉焼きとフレンチトーストをオーダーしてみました。

f:id:kodokunohitsuzi:20190414140039j:plain:w500

フレンチトーストをオーダーしたのは初めてかもしれません。
なかなか美味しいもんです!

f:id:kodokunohitsuzi:20190412141827j:plain:w500

とても感じの良いスタッフで、挨拶程度の会話をします。
私が日本人とわかると、猛烈にスシ・サシミをすすめてきます。

f:id:kodokunohitsuzi:20190412141838j:plain:w500

昨日の失敗もあり躊躇しましたが、断り切れませんでした。

座席の背後がブルー系ガラスで覆われている為、全体的に色味がおかしいですが、それを差し引いても見た目の鮮度が良いとはいえません。

ところが食べてびっくり! 美味しいです! 特にお刺身。
おそらく素材が良いのでしょう。 それと醤油の鮮度が良かった。

良い意味で期待を裏切られました。
美味しいものを食べて気分爽快です!

f:id:kodokunohitsuzi:20190412141833j:plain:w500

でも食べすぎ。食べ物を残せない世代です。
お腹一杯になった後は、適当なソファーで居眠りしてました。




・ドバイからファーストクラスでカイロへ

さてカイロ行きに搭乗です。
ファーストクラスは満席に近くてびっくり!

ウェルカムドリンクはドンペリ

f:id:kodokunohitsuzi:20190412142001j:plain:w500

デーツとアラビックコーヒー。
どちらも私好みです。

f:id:kodokunohitsuzi:20190412142007j:plain:w500

この路線のアメニティはアイマスクのみ。

f:id:kodokunohitsuzi:20190412142014j:plain:w500

ドバイを離陸します。

f:id:kodokunohitsuzi:20190412142335j:plain:w500

ランチメニュー。

f:id:kodokunohitsuzi:20190412142428j:plain:w500

またドンペリとナッツ。

f:id:kodokunohitsuzi:20190412142344j:plain:w500

アペタイザーはTraditional Arabic Mezze。
私は現地の物や食べた事がない物は積極的にチャレンジします。
でもこれはちょっと微妙でした(笑)

f:id:kodokunohitsuzi:20190412142354j:plain:w500

メインはBaked Salmon steak。

f:id:kodokunohitsuzi:20190412142401j:plain:w500

デザートはフルーツ。

f:id:kodokunohitsuzi:20190412142546j:plain:w500

そしてチョコレート。

ここであれっ、と思います。 乗務員の感じが良いです。
この後の全ての路線も乗務員は良かったので、今思えば「関空ードバイ線」の乗務員はハズレだったようです。大声でおしゃべりばかりしてました。

f:id:kodokunohitsuzi:20190412142557j:plain:w500

座席のドアを閉めたところです。

f:id:kodokunohitsuzi:20190412142551j:plain:w500

もうすぐ到着。

f:id:kodokunohitsuzi:20190412142602j:plain:w500

カイロ。砂の町という感じですね。

f:id:kodokunohitsuzi:20190412142610j:plain:w500

定刻より少し遅れてターミナル2に到着。

イミグレの手前右側にビザの購入窓口があります。

f:id:kodokunohitsuzi:20190412142754j:plain:w500 f:id:kodokunohitsuzi:20190412142800j:plain:w500

ビザを購入してイミグレを通過。25US$。

f:id:kodokunohitsuzi:20190412142805j:plain:w500


SIMカードを購入してからホテルへは徒歩で

まずはATMでキャッシングしてSIMカードを購入します。

3社並んでましたが、値段を確認すると全社同様だったので適当に「Orange」にします。

f:id:kodokunohitsuzi:20190412142854j:plain:w500

空港ぼったくり価格です。

もっと容量の小さいのを要求すると、2GBで115EGP(約732円)を提示されました。
※キャッシングレート利息込みのEGP 6.3672で計算

後から来た2日間滞在の旅行者にも同じものを提示していたので、ここではそれが最安値かもしれません。

f:id:kodokunohitsuzi:20190412142859j:plain:w500 f:id:kodokunohitsuzi:20190412142905j:plain:w500

ターミナル2から「ル・メリディアン カイロ エアポート」へは歩いていきます。
色々と調べてみると赤線ルートが近くて5分程度でした。

f:id:kodokunohitsuzi:20190416161920j:plain:w500

無事ホテルへチェックイン。
私には豪華すぎる部屋です。ワークデスクがあるのがいいですね!

f:id:kodokunohitsuzi:20190412142937j:plain:w500 f:id:kodokunohitsuzi:20190412142943j:plain:w500 f:id:kodokunohitsuzi:20190412142948j:plain:w500


シャワーを浴びて落ち着きます。

そして荷物整理して明日からの準備をし終わると現地20時過ぎ(日本午前3時時過ぎ)。
明日は5時発の航空便。起きれるか不安になりながら就寝。